女性に人気の医療事務という仕事

女性向けの医療関連の仕事として、最近着目されているのが医療事務という仕事です。
看護師のように専門的な技術や資格は必要無く、夜勤なども無いため、子育てなどで一度離職した主婦が、パート感覚で働けるところが魅力とされています。

しかし、知識や経験が全くゼロの状態ではなかなか雇ってもらえないため、気を付けておきましょう。
特に、業務の中で重要とされるレセプトの作成には、医療制度に関する知識が必要になってきます。医療事務を目指す場合は、専門の教育施設や訓練課程を経るのが望ましいでしょう。また、病院によっては、経験が浅い状態では医療事務の仕事ができないケースもあります。総合病院などは診療科目が多く、十分な経験を積んでいなければ全ての作業を行うことはほぼ不可能でしょう。
できれば、最初は診療科目が絞られた病院に勤めるよう心がけておきましょう。

一方で十分な残業代を出さない、経験が浅い医療事務に対しても過酷な業務を強いるといったブラックな病院があるのも、残念ながら事実です。仕事が終わらずに残業になってしまうことも、医療事務ではあります。その際の対処や、経験が浅いスタッフへのフォローシステムがしっかりと構築されているのかといった点も考えて、勤務する病院を探すようにしましょう。自分の判断だけで突っ走って決めてしまうのではなく、病院に対する口コミや地域の評判も収集してから総合的に判断するようにしましょう。
実際に働いてみて、良くない職場であることがわかったら、早めに転職するのも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です